忍者ブログ
気になった情報など独断と偏見による情報を発信しています。
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール
HN:
おっさん
性別:
男性
職業:
フリーマン
趣味:
ヒューマンウォッチング、腕を回す
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析
検索上位
amazonおすすめ
ninjaアド
ギレンに聞け!
102  101  100  99  98  97  96  95  94  93  92 
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

 

 


橋下知事、政府概算要求を批判「赤字国債ダメ、国家公務員の給与カットを」 

この記事を見てどれくらい公務員の給与総額はいくらかわからないな~と思い探して見ました。

最新のやつが見つからないので当たらしめのやつを参考にしているので多少の誤差はご理解ください。

平成20年度公務員人件費について

公務員の種類と数

とりあえずこの二つの資料から

国家公務員:59万人=5.3兆円

地方公務員約300万人22.2兆円

とりあえず公表されている数字では27億円くらいね。まぁ、他のいろいろなサイトを見ていると32兆~40兆くらいと試算しているところもある。

そんで税収については最近40億円割れって騒がれている。

来年度税収、40兆円割れも

確かに収入がこれしかないのに人件費で多すぎるように思う。

基本的に会社は人件費だけではないからその他経費がかかる。それで今年の予算は過去最大になりそうだと。

10年度予算、「92兆円くらいに」

90兆円は超えるのはほぼ確定みたいですね。

税収40兆円割れへ=副大臣「国債増発で穴埋め」

税収より多い国際を発酵する前に人件費をカットせよってのは判る気がする。

まず一般企業で赤字なら昇給しないとかボーナスカットとかあるから。今回のケースなんか一般企業ならリストラとボーナスカットでしょう。

公務員は給料が安い安いと前はよく聞いているけど、手当てが多いことと40歳を過ぎても継続的に昇給することに一般企業との差が出てしまっているんだと思う。

PR

 

 


◆◇この記事にコメントする◇◆
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
◆◇この記事へのトラックバック◇◆
◆◇この記事にトラックバックする◇◆