忍者ブログ
気になった情報など独断と偏見による情報を発信しています。
カレンダー
04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
プロフィール
HN:
おっさん
性別:
男性
職業:
フリーマン
趣味:
ヒューマンウォッチング、腕を回す
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析
検索上位
amazonおすすめ
ninjaアド
ギレンに聞け!
119  118  117  116  115  114  113  112  111  110  109 
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

 

 


キサラギなる映画を見た。
某ビルのペントハウスに、互いに面識のない五人の男たち(ハンドルネーム:家元、オダ・ユージ、スネーク、安男、いちご娘)が集まった。彼らはD級マイナーアイドル・如月ミキのファンサイトを通じて知り合い、如月ミキの一周忌の為に集まったのだった。
一年前にマネージャーの留守番電話に遺言メッセージを残し、自宅マンションに油を撒いて焼身自殺した彼女を悼むのが会合の趣旨だったが、オダ・ユージが彼女の死因は自殺ではなく「他殺だ」と言い出したことで状況は一変する。
徐々に明らかになる当時の状況、次々と明かされる五人の男達の正体。如月ミキの死の真相に迫ろうとする男たちが繰り広げる紆余曲折を経て、彼らはある真実へと辿り着く。

聞いたことはあったけど、内容も誰が出ているかも知りませんでした。

見た感想は面白い。一つの部屋の中で自殺の真相を追っていくスタイル。アクションバンバンもスケールの大きさもありませんが、ワンパターンといってしまえばしそうかもしれないけど、どんでん返しにつぐどんでん返しが見ていてにやけてしまった。
キューブや十二人の怒れる男みたいな箱型映画が好きな人にはたまらない作品。興味があったら見てちょんまげ


PR

 

 


◆◇この記事にコメントする◇◆
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
◆◇この記事へのトラックバック◇◆
◆◇この記事にトラックバックする◇◆